FC2ブログ
気づきを一緒に
気づきを一緒に高めていきましょう
鞘が中身を証明している
私達である鞘(コーシャ)がこうして勝手に好きなまま生きていられるのは
心臓を動かしておられる大生命がおられるからである
内側に至高の神がおられるから輪廻転生することが出来るのであり
眠ってもまた朝目が覚めることが出来るのである

卵の殻があるということは中身に雛となることの可能性のある
卵黄と白身があることを示している

肉体が生かされ、現在のパーソナリティーというサイコノエティック体が生かされていることが
こうして神を無視して生きていても、内側に神がおられることを証明している

私達である鞘があることは中身があることの証明であり
中身という至高を超えた実在があるから自我である私も生きていることが出来るのである
スポンサーサイト



【2019/04/21 20:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<生きておられるもの | ホーム | 「見るものは見られるものである」を考える>>
コメント
宇宙を観察してみると、微細から極大に至るまですべて驚くべき秩序の中に在ることがわかります。自我にある間の混乱でさえ、実はより大きな調和の中に在るのです。
今はそのようには見えないかもしれません。しかしそれは宇宙を完全に認識できていないためであって、この宇宙が調和を外れているのではないのです。
【2019/04/23 07:45】 URL | マイトリー #-[ 編集]
ありがとうございます
とても勉強になりました
【2019/05/13 07:57】 URL | 久保栄治 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kubokaoru.blog60.fc2.com/tb.php/339-cef1b9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

久保栄治

Author:久保栄治
皆様ようこそ

私とは誰でしょうか?

「汝自身を知れ」とは古来からの哲学者や賢人によって、言われ続けてきました。

人生で成功したにせよ、若し「自分を知る事」がなければ,それは一番大切なものを失ったにも等しいです。
とかく毎日の日常生活や家庭生活、会社での仕事のなかで自分を忘れてしまいます

では「汝自身を知れ」といわれている私とは一体誰でしょうか?若しくはなんでしょうか?
私は私の事を一番知っているのに、いまさら何で?・・・
と不思議に思われるでしょうけれども、自分を知る事とは人生の中でなかなかないことです

私達は生きていても、実際は自分を知る事は殆ど無いのです

ですから、いにしえの昔から哲人は「汝自身を知れ」と言い続けてきたのです

宜しかったらご一緒に自分探しのたびに出かけましょう

※私は如何なる宗教や団体や政治グループにも属していないので、ここでの書込は、教えや考えを押しつけたりしないで下さい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する