FC2ブログ
気づきを一緒に
気づきを一緒に高めていきましょう
思考が無いとき
見る私がいて見られる対象がある・・これは思考である
観察する私がいて、観察される対象がある・・これは思考である
主体が有って、その主体とは別の客体がいる状態・・これは思考である
体験者がいて、その体験者が体験しているとき・・それは思考である


思考が無いとき
クリシュナムルティーの教えられているように
「見るものは見られるものである」
「観察者は観察されるものである」
「自は他である」

ということを観照している目それ自体


という純粋なる気づきの状態であるのだろうか




スポンサーサイト



【2014/04/18 06:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
最近思う事

行為している人は誰もいない。誰にも行為は出来ない。
この私は行為していない
起こっている行為が「行為している私」を生みだしているからだ
行為は「行為している私」には出来ないからだ
行為している者は誰もいない
私が行為しているのではない
あなたが行為しているのではない

行為はただただ起こっている!!
同じように
行為が「行為している私」という錯覚を起こしている!
誰も行為していないというよりは「誰もいない」、ただ行為だけが起こっている


私が思考しているのではない
あなたが思考しているのではない
思考が有るだけで
思考が起こっているだけで
脳が生み出している思考
その万人で同一の思考が

私はかくの如く思ってる
私は苦しんでいる、私は悩んでいる
私が考えていると思っているだけで
私もあなたもいない。思考だけがある。
私が欲望しているのではない、欲望が生起しているだけだ
欲望を見ている私とは欲望なのだ
私が嫉妬しているのではなく、嫉妬が私なのだ
嫉妬を観察している私は嫉妬なのだ
恐怖を自覚し、恐怖に立ち向かっている私とは恐怖自体なのだ
私が恐怖しているのではなくて、恐怖しかなく、その私が恐怖なのだ



その私やあなたとは思考なのだ
思考が生起しているだけである

私が考えているのでもなく
あなたが考えているのでもなく
私やあなたとは思考なのだ
思考する私や、思考する貴方はいないのだ
思考だけが起こっている

それは行為と同じだ


行為が行為している私という錯覚を生み出しているように
思考が思考している私・個人を、思考している私を産みだしている



行為だけがあって行為している私も貴方もいない

思考だけが起こっており思考する私も、思考している貴方もいない

その私とは思考自身の実体感覚だ

実際には
ただ行為だけが起こっており
ただ思考だけが生起している


ただ同一の思考だけが起こっているだけなのではないか



~と推理する、この思考が起こっている今日この頃である






【2014/04/15 06:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

久保栄治

Author:久保栄治
皆様ようこそ

私とは誰でしょうか?

「汝自身を知れ」とは古来からの哲学者や賢人によって、言われ続けてきました。

人生で成功したにせよ、若し「自分を知る事」がなければ,それは一番大切なものを失ったにも等しいです。
とかく毎日の日常生活や家庭生活、会社での仕事のなかで自分を忘れてしまいます

では「汝自身を知れ」といわれている私とは一体誰でしょうか?若しくはなんでしょうか?
私は私の事を一番知っているのに、いまさら何で?・・・
と不思議に思われるでしょうけれども、自分を知る事とは人生の中でなかなかないことです

私達は生きていても、実際は自分を知る事は殆ど無いのです

ですから、いにしえの昔から哲人は「汝自身を知れ」と言い続けてきたのです

宜しかったらご一緒に自分探しのたびに出かけましょう

※私は如何なる宗教や団体や政治グループにも属していないので、ここでの書込は、教えや考えを押しつけたりしないで下さい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する