FC2ブログ
気づきを一緒に
気づきを一緒に高めていきましょう
非二元性への旅立ち
非二元性への旅立ち

非二元性は全体性である
非二元性は分離していない
非二元性は「見るものは見られるものである」である
非二元性は「外部は内部であり、内部は外部である」である
非二元性は主体と客体という二元性を超越する
非二元性は主体と客体の消滅を意味する
非二元性は主体と客体の分離を超越する、だから「見るものは見られるものである」
非二元性は自他の分離、我と汝の分離、神と私の分離を解放する
非二元性は本当の愛である
非二元性は本当の神である
非二元性は本当の私である、従って「私という分離した自己」は存在していない
   観察者・思考者・見る者・経験者・体験者・知覚者・輪廻転生している主体
   記憶・感情・概念・欲望・想念・経験・体験・認識・五感・知覚・個人
   そして主体そのもの、それらは非二元性には存在していない
非二元性は未知なるものである
   それらは知覚できない、体験できない、把握できない、認識できない
   なぜなら知覚も、体験も、把握も、認識も二元性であり、知覚し、体験し
   把握し、認識すること自体が主体の存在の上に成り立っており、主体という
   二元性が存在しないとき、それらは存在できないからである
非二元性は二元性である概念や思考や想念や知識や情報では接近できない
   なぜなら概念や思考や想念や知識や情報そのものが、内部と外部、主体と客体という大前提の上に成り立っているものであり、内部は外部であり、主体は即客体である、という非二元性そのものを、上記のこれらは全く理解できない
   なぜなら概念や思考や想念や知識や情報そのものが二元性であるからである
   二元性は非二元性を全く理解できない、頭脳やそれらの二元性では非二元性を理解できない
二元性があるとき、そこに主体と客体が生じる
従って、そこに見る者が生まれ、見られる者が生まれる
        従って、そこに内部と外部の区別が生まれる
二元性があるとき、そこに主体が生まれ、そして時間が生じる
二元性があるとき、そこに主体が生まれ、そして輪廻転生がある
二元性があるとき、そこに見る者、観察者、体験者、思考者、知覚者、体験者が生じる
二元性があるとき、そこに肉体というものが生まれ、諸体が生まれ、家族が生まれ、世界が生まれ、宇宙が生まれ、内部や外部にある神が生じた
二元性があるとき、そこに主体が生まれ、そして思考が生まれる
二元性があるとき、そこに思考が生まれ、そして主体が生まれた
二元性があるとき、そこに主体が生まれ、そして感情が生まれた
二元性があるとき、そこに感情が生まれ、そして主体が生まれた
二元性があるとき、そこに分離が生まれ、そして区別が生まれ、選択が生まれ、判断が生まれ、非難が生まれ、差別が生まれ、優劣が生まれ、優越感と劣等感が生まれ、自己関心が生まれ、無関心が生まれ、嫉妬心が生まれ、憎しみが生まれ、不安が生まれ、恐怖が生まれ、防護が防衛が生まれ、そして攻撃が生まれる、暴力が生まれる
二元性があるとき、そこに信仰が生まれる、信仰の中には不信がある、信仰ではなく理解が、不信ではなく真の体験が、その信仰や不信に取って代わるべきである

二元性がないとき、自己はない
二元性がないとき、世界はない、宇宙はない
二元性がないとき、恐怖は無い
二元性がないとき、内部や外部に現れる二元性の神はない
二元性がないとき、思考はない
二元性がないとき、感情はない
二元性がないとき、既知なるものはない
二元性がないとき、そこには招かれもしないのに非二元性がある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた愛がある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた平安がある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた歓喜がある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた存在がある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた沈黙がある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた神のみがある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた遍満、普遍、絶対、完全がある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた無限がある
二元性がないとき、そこには二元性を超えた真我がある
スポンサーサイト



【2007/04/23 08:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
内部は外部だ
まずはじめの外部とは
自分の対象である
外界
即ち、子供、親、家族、職場、環境、会社、仲間、出来事、地域、金銭、健康などそして最大の者は自分の肉体
これは内部であるマインドの投影であり
このマインドとは自分ではなく
自分でないもっと大きな、地球規模の心
これがマインドであり
私が、私たちが内部として認識している中身であり
それが自己・自我(エゴ)即ちこの人格・個性・個人である


それは
騙されているだけで、本当はマインドの創作物に過ぎない

では内部とは
未知なるもの
非二元性
非対象
意識

そして気づき
貴方
私の前にいる君・おまえ・私自身
平安
沈黙
全体

そして
私とは
真我
だから
真我を実現した方々
上江洲義秀先生・キリスト・仏陀・ニサルガダッタ・マハラジ
クリシュナムルティー・ラマナ・マハリシ
数々の無数の
宇宙中の方
これらの方々は肉体ではなく
一つの意識
それが真の私
真我

それが今此処にいる

【2007/04/13 08:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
プロフィール

久保栄治

Author:久保栄治
皆様ようこそ

私とは誰でしょうか?

「汝自身を知れ」とは古来からの哲学者や賢人によって、言われ続けてきました。

人生で成功したにせよ、若し「自分を知る事」がなければ,それは一番大切なものを失ったにも等しいです。
とかく毎日の日常生活や家庭生活、会社での仕事のなかで自分を忘れてしまいます

では「汝自身を知れ」といわれている私とは一体誰でしょうか?若しくはなんでしょうか?
私は私の事を一番知っているのに、いまさら何で?・・・
と不思議に思われるでしょうけれども、自分を知る事とは人生の中でなかなかないことです

私達は生きていても、実際は自分を知る事は殆ど無いのです

ですから、いにしえの昔から哲人は「汝自身を知れ」と言い続けてきたのです

宜しかったらご一緒に自分探しのたびに出かけましょう

※私は如何なる宗教や団体や政治グループにも属していないので、ここでの書込は、教えや考えを押しつけたりしないで下さい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する